前世、過去世について

2023年06月01日 11:11

前世、過去世について

前世とか前前前世とかどーでもいいって人と、すっごく気になるって人がいます。

どーでもいいというのは、今を大切にしているならとてもいいことですよね。

前世は今世の一つ前をいいます。
過去世とは一つ前以外をいいます。

私は前世、過去世を観ること、知ることが好きなのですね。

もちろん、相手の許可を得て観ます。
これは絶対ルールです。

思いもよらない人だったり、思いもよらない経験をしているからです。

しかも過去世なんて数えきれないぐらいにたくさんあります。

同じような人生を何回も繰り返していたり、同じ人と何回も一緒にいたりします。

それを今の経験とつなげてみたりして、だからこうなのか、そしてこうきたか、と1人で分析しているわけです。

素晴らしい経験ばかりじゃないです。その逆もあるのです。

それは過去に限らず今の私たちだって同じですよね。

過去世については、今知るべき過去や、印象強い過去、トラウマ、精神的な傷を覆っているものが炙り出されます。

アカシックリーダーといって、過去から未来の記録であるアカシックレコードを読み取る人をいいます。

とあるアカシックリーダーさん同士でお話している時に、過去世を観てほしいと頼まれました。

人が観れるのに自分は観れないの?って思いましたか?

自分を全く観れないことはないですが、他人のほうがよく観えます。私はね。

ほとんどの人がそうだと思います。
占い師さんなんかもそうです。

自分より他人、家族より他人の方が明確にわかるということです。

なので、アカシックリーダーさん同士がお互いをみたり、占い師さんが占い師さんに見てもらうことは、「あるある」なんです。

この理由は、話が脱線するのでまたの機会にしますね。

で、過去世を観させていただきました。

結論。

久々に手に汗を握る思いをしました。

過去世は、その人を観る第三者としての見え方と、その人の目線で観る本人からの見え方があります。

これはアニマルコミュニケーションでも同一です。

その人の過去世では、その人の目線である本人からの見え方でやってきました。


・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・゚・。

あなたは誰?
男性です。

あなたはどこ?
あなたは今、、、空にいます??

あなたは何をしてるの?
飛行機に乗っています。

飛行機は、、、戦闘機!?

ちょっと、待って。怖。

とてつもない緊張感が伝わります。

背後には戦闘機が飛んでいます。

もしかして、ロックオンされている!?

戦闘機で逃げ回っている状態です。

そして、、、爆音がしました。

戦闘機は急落下していきます。

体は硬直状態になりました。

ここで第三者の目線に切り替わります。

戦闘機は岩山にぶつかって2度目の爆音と共に砕けていました。


・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚・゚・。


ものすごい光景を観てしまいました。

観てるだけとはいえ、臨場感が伝わる手に汗を握る思いでした。

まるで映画を観て没頭している状態になります。

観たものを全てお伝えすると、その人からこのような言葉が返ってきました。

私、高所恐怖症なんです。

乗り物の中でも飛行機は絶対に乗りません、というより乗れません。

飛行機を避ける理由がかわかりませんでした。

私は、高所恐怖症と思っていたのですが、飛行機恐怖症だったみたいです。

それに、争いに対して反発心が強く、迷彩柄を好ましく思いません。

と、いうことでした。
このように過去世での経験の一部が、今に引きずっている人がとても多いです。

過去世を知ると、気づいていないことが明らかになります。

特にトラウマになっている経験は気づいて解放していくと、今これからを生きやすくなります。

過去世もそうですが、幼少期のトラウマ、精神的な傷を持ったまま気づかずに大人になっている人もいます。

これが、わからないまま今に影響しているということです。

トラウマの解放には個人差があります。
この話もまたの機会で覚えてたらしますね。

では、今回はこの辺りで。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)